<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

モノの防蟻処理

こんにちは、小池です。

いよいよ基礎も仕上がり、着々と工事も進んできました。
さて、今回は、モノの防蟻処理方法に関してです。

モノの基礎は、蓄熱層の役割でもあり、言わば建物内部と言う考え方。
建物内部の環境も維持していくためにも、白あり駆除の薬剤にもこだわりました。

そこで、タームガードを採用。画像のように、建物外周の土中に防蟻薬剤処理用のパイプを埋設します。そのパイプ内に薬剤を注入し、シロアリをよせつけない仕組みです。メンテもパイプ内部に再注入するのみで従来のような大がかりな作業が必要ありません。

『長期優良住宅』として求められている「維持管理のし易さ」という観点からもお薦めの防蟻対策かと・・・。

b0212546_16164535.jpg



ウェブサイト:木を知り尽くしてつくる、心地よい木組みの住まい『フジモクの家』
ブログ:富士山麓で暮らす
ブログ:フジモクスタッフのブログ
ブログ:富士ひのきと漆喰の家「和ら木」
ブログ:フジモクの家*現場リポート
お買い物は:フジモクネットショップ

[PR]
by fujimokumono | 2011-04-20 15:52

モノの基礎

こんにちは、小池です。

先日の配筋検査も無事終わり、いよいよ基礎工事に着手です。

モノの基礎は「一発打ち」なんです。通常、戸建て住宅の場合、ベースとなる部分と立ち上がりの部分を分けて打設します。「一発打ち」の場合は、ベースコンクリートと同時に立ち上がり部分のコンクリートも打設をします。そのために型枠は「浮き型枠」を使います。これは型枠を空中に浮かせて固定をするためにそう呼ばれているようです・・・・、とPRをしていますが、住む人へのメリットは、

①一体構造でより頑強に。
②浸水、湿気を防ぐ。
③シロアリ等の侵入路をなくす。等々

少々、施工力が必要とされるため出来る業者さんも今では、少なくなっています。

『フジモクMONO』は基礎内を蓄熱層としてパッシブソーラー『そよ風』から集熱した空気を
溜めこみます。フジモクMONOの造りにはそれぞれ理由があるんです!!
b0212546_1257524.jpg

型枠が浮いているのがおわかりいただけますでしょうか?

ウェブサイト:木を知り尽くしてつくる、心地よい木組みの住まい『フジモクの家』
ブログ:富士山麓で暮らす
ブログ:フジモクスタッフのブログ
ブログ:富士ひのきと漆喰の家「和ら木」
ブログ:フジモクの家*現場リポート
お買い物は:フジモクネットショップ

[PR]
by fujimokumono | 2011-04-14 12:59

モノの配筋検査

こんにちは、小池です。

昨日、配筋検査がありました。もちろんなんら問題がなくクリアです。
フジモクの検査は、社外はもちろんですが、社内でも厳しくチェックをしており、完成お引渡しまでは
お施主様検査も含め十数回・・・・、業者さんの間では「フジモク品質」なんて言われていて、さりげない
アピールポイントなんですよ。

また、新展示場「フジモクMONO」の基礎はちょっと特徴がありますので随時ご案内をいたしますね。

b0212546_8223189.jpg

写真は篠原監督。

ウェブサイト:木を知り尽くしてつくる、心地よい木組みの住まい『フジモクの家』
ブログ:富士山麓で暮らす
ブログ:フジモクスタッフのブログ
ブログ:富士ひのきと漆喰の家「和ら木」
ブログ:フジモクの家*現場リポート
お買い物は:フジモクネットショップ

[PR]
by fujimokumono | 2011-04-12 08:23